片付けできない女の特徴と陥る3つの罠と脱却するためのシンプルな方法

今まで何度も片付けても片付けても片付かなーい!

私には片付けの才能なんてないし、もう片付けたくない。

めんどくさい、時間がない。そんな言い訳していませんか?

片付けられない女が、ついつい陥ってしまう3つの罠と片付け上手になる為のシンプルな方法をお伝えします。

スポンサードリンク



どうしていつも片付かないのか?その理由はこれ!

saya072155409_tp_v

部屋が片付かない理由は何なのか?

その理由はズバリ「理想のお部屋」を思い描けていないからといえます。

私がお片付けのサポートをするときは、

必ず「どんな部屋(家)でどのように過ごしたいのか?」

を妄想していただきます。

例えば、「探し物をしないでも欲しいモノがすぐ出てきてイライラしない」とか

「子供にママ!〇〇どこ~?とってー!と言われずに自分で出来るようにさせて、

自分の作業の邪魔をさせない」とか。

細かいシーンでもいいので、具体的にイメージしていただきます。

そして、その結果として自分も家族もストレスフリーで笑顔で生活できるのです。

私は子供の頃、新聞広告のマンションや建売住宅の間取り図を見ては、

「ここが私の部屋で~、両親がここの部屋で~、キッチンが対面だから家族と話しながら料理の手伝いして~」なんて妄想を繰り広げていました 笑

そんな感じで、ご自身のお部屋(家)を客観的に見たり、

ネットで片付いているお部屋や素敵なインテリアの画像で頭の中に「理想のお部屋」を描いて、箇条書きでもいいので紙に書き出していきましょう。

リバウンドの恐怖は出しっぱなしから始まるのです

sit0030-049

お部屋をキレイにスッキリ片付けて、

よし!もうこれで完璧!もう散らかさないと思ったことはありますか?

ですがどうでしょう。

人生に1度片付けただけで、その後のリバウンドなくキレイなお部屋を維持していますか?

元汚部屋住人としては、そんな方がいたら神だと思います 笑

片付けた時には完璧!って思っても知らず知らずのうちに

リバウンドの恐怖は近づいていたのです。

世の中にはいろんな収納方法やノウハウがありますが、

何より大切にしなくてはいけないのは「本人の意識」です。

1度お部屋が片付いても、そこに住んでいる人が散らかっていた時と同じ

考えや行動だったら元に戻るのは目に見えています。

使ったら元に戻す、小さなゴミも後回しにしないですぐに捨てる、

そういった変化がなければ、元に戻すこと自体を忘れたり、

「めんどくさいから、あとでいいか~」と後回しにしてしまう事で、

リバウンドが始まってしまうのです。

片付けできない女が陥る3つの罠とは

a0001_017416

1.もったいないの罠

片付けできない方の特徴として「捨てるのはもったいない」という思い込みがあります。

では、モノは何のためにあるでしょう?

もちろん「使う事」で、私たちの生活に便利さを感じさせてくれる事ですよね。

捨てるのがもったいないからと言って、しまい込んでしまい

最終的に忘れ去られてしまう事が「大切」にしているといえるのでしょうか?

使わない、使えないモノは役目を終えてくれたものです。

ありがとうの感謝の気持ちとともに手放してあげてください。

2.言い訳をつくってしまう

「片付けしている時間がない」

「自分のモノだけじゃなくて、家族のモノもあるから片付かない」

など、無意識のうちに言い訳をつくっていませんか?

言い訳をつくるのは、相手(環境)が悪くて、自分は悪くない被害者なんだと

言っているようなものです。

子供の時から、被害者でいる事によって、いいことがあった経験が多いと

無意識に自分は被害者としてふるまってしまいます。

例えば、被害者でいる方が、親や友達に慰めてもらったり、

自分に注目を集めた経験があると、自分の非を認めるよりも、

はるかに楽で、心地よい気持ちを味わえます。

大人になっても、その無意識から抜け出すことが出来ていない場合があります。

スポンサードリンク



3.先延ばしにしてしまう

先延ばしにしてしまう癖を持っている方は、

片付け以外の事も先延ばしにしてしまいがちです。

というのも、片付けは今すぐやらなくても問題ないからです。

重要度と緊急度で考えると、片付けは重要度が高くても、

緊急度が低いものになります。

もし、1時間後にお客様が来るとなれば、グンと緊急度も高くなるので、

急いで片付けに取り掛かるでしょう。

片付けできないを脱却するためのシンプルな方法

c824_shroiohana

片付けできないのであれば、片付けしないで済む部屋にすればいいのです。

私は元汚部屋住人なので片付けや掃除は極力やりたくないです 笑

だからこそ、普段の生活から「片付けなくてもいい」状態にすることを意識しています。

片付けが必要になる理由はモノが増えるからです。

今は、コンビニ、スーパー、100均など多くのモノが手軽に手に入る世の中です。

ポストを開ければ、チラシが投かんされていたり、

子供が学校から手紙を持ってきます。(しかも兄弟で同じ手紙とか・・・)

そういったモノを気軽に家の中に入れないことが重要です。

我が家はマンションのポストのところにチラシを捨てるBOXが設置されていて、

管理人さんがまとめて捨ててくれます。

なるべくそこに捨てるようにしてチラシの侵入をブロック。

そして、何かモノを買ってきたら、買ってきた数+2個多く捨てるようにしています。

ファーストフードのお子様セットのおもちゃとかが効果的ですね。

そうやって、モノが家に入ってきて終わりではなく、出ていくことまでを意識するのです。

それによって、捨てるモノより大切に使えるものにしようと、

買うときに慎重になることで、細かい出費も減り結果的に節約にもつながります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク