散らかった部屋をイライラから落ち着く部屋にする掃除の4つのコツ

散らかった部屋を見てうんざり・・・。

片付けたくないけど片付けなきゃいけない時ってありますよね。

どうせ片付けるのなら散らかっててイライラする部屋から、

心が安らぐ落ち着く部屋にしたいと思いませんか?

視覚マジックでキレイに見える掃除のコツをお伝えします。

散らかった部屋をキレイに感じさせる視覚マジックとは?

cat9V9A8980_TP_V

想像してみてください。

床にモノが散らかって足の踏み場もない状態の部屋と、

机の上にモノが積み重なっているが、床には何もモノが置いていない状態の部屋。

この2つの部屋にあるものが同じものだとすると、

断然、床にモノが置いていないほうがキレイに見えるのです。

そう、床にモノが置かれていない状態をつくれば、

キレイな状態を維持しているように見えるのです。

と言っても忙しい時は鞄など、つい床に置いてしまいがちですよね。

このちょい置きがリバウンドの第1歩。

ちょい置き癖でどんどん散らかって行くのを防ぎましょう。

ちょい置き防止で散らかった部屋に戻さない4つのコツ

1.ゴミはすぐ捨てる

entryimage

片付け&掃除には何よりも重要!

ゴミは部屋が散らかる大きな原因になります。

そして片付けようと思った時にゴミ捨てから始まるのを防いで、

片付けや掃除時間が短くなります。

自分がよくいる場所の近くには、必ずゴミ箱をやゴミ袋を用意して

すぐ捨てられるようにしましょう。

手の届く範囲にないと、ついついその辺に置いといて後回しになってしまいます。

2.買ったものはすぐさま開封

HIRAyamatoneko_TP_V

新しく買ってきた服や日用品を袋に入ったままドサッと床置きしていませんか?

通販で買ったモノを段ボールのまま置きっぱなしにしていませんか?

服であれば、すぐにタグを外して洗濯カゴやタンスへ、

通販の段ボールは、即座に開封して中身を取り出しましょう。

すぐに取り掛からず、後回しにするとめんどくさくなります・・・。

我が家では、服を買ってきたら、1回洗濯してから着るので、

タグを外して洗濯カゴへいれます。

通販の段ボールは、宅配BOXに荷物が届いていたら、

中身を出して、マンションのゴミ捨て場で段ボールを捨ててから家に行くので

部屋に余計なゴミを持ち込まないようにしています。

スポンサードリンク



3.郵便物はすぐに読む

C824_ohanatotegami

これもついつい後回しにしてしまいがちですが、

届いたらすぐに開封して中身を確認しましょう。

封筒等、ゴミになるものはすぐに捨て、

中にはとって置く必要があるモノものもありますので、

郵便物用の一時置き場を別に作ると便利です。

郵便物ではないですが、子供が学校などから貰ってくるお手紙も

後回しにせず確認しましょう。

4.床チェックを定期的にする

PAK58_hansyasurukinoyuka_TP_V

1週間に1度お部屋のチェックをしましょう。

床にモノが置きっぱなしになっていたら片付ける。

出しっぱなしのモノをしまう。

それだけでもお部屋のキレイは長持ちします。

チェックが1週間以上あくと、片付けなきゃいけないモノが貯まってしまい、

チェックするのが面倒くさくなりがちです。

負担にならない量の短いスパンにして、床にモノがない状態にしましょう。

モノのしまう場所がまだ決まっていない時には、

一時置きBOXを作り、その中にいれて床置きしないように工夫しましょう。

一時置きBOXがいっぱいになるのを見ると、「こんなにモノが増えたんだ」と

目で見る事が出来るので片付けをするきっかけにもなります。

スポンサードリンク



定位置が決まらないモノの一時置き場BOX活用法

C789_hakisaretanuigurumitachi_TP_V

買った来たばかりで、どこにしまうか決まっていないモノ、

ずっと部屋にあるけど、何となく定位置が決まらない、インテリアに合わないモノ

を床置きしないために、仮置きの一時置きBOXへ入れておきましょう。

大きな箱じゃなくて大丈夫です。

ひとまとめになっていることで、「これらをどう収納するか?」を考えやすくなります。

1つ1つで見ると関係がないものでも、その中から同じタイミングで使うもの等

グループ分けが出来たりします。

一時置きBOXがいっぱいになってきたり、溢れてくれば、

部屋にどれくらいの量のモノが増えたのか見やすくなります。

モノの増加を意識することで、リバウンドしにくい部屋になっていきます。

散らかった部屋をイライラから落ち着く部屋にするメリット

38220397_480x321

部屋が散らかっていると、無意識にイライラしてきます。

それは目から入る情報が多すぎて、脳が情報を処理するのが大変だからと言われています。

常に部屋が散らかっていると、イライラしているのが当たり前なので、

脳の認識がマヒしてきます。

そこから、片付けすると気持ちも頭もスッキリして落ち着くのです。

キレイな状態を維持できると、何か使おうと思った時に探さないで使う事が出来るとか、

床のモノを避けなくても普通に歩けるなどの事が当たり前に変わってきます。

その段階になった時に、今まで部屋が散らかっていた時に

感じていたストレスのイライラがわかるようになるんです。

私は「あぁ~何で今まであんなにイライラして過ごしてきたんだろう・・・」

と時間を巻き戻したい気持ちになりました 笑

そしたらきっと、もっと落ち着いた気持ちでニコニコ笑顔で過ごすことが多かったのかな?

なんて思っています。

私は汚部屋から脱却して、片付けられるようになったことで、

以前より、怒りっぽさが無くなったというか、イライラを感じることが無くなりました。

たかが片付け、されど片付け。

1歩踏み出してみると、違った世界が見えてくると思います。

スポンサーリンク