掃除や片付けが苦手でもキレイな部屋をキープするの3つのお片付けのコツ

片付けたはいいけど、キレイな状態をキープできない・・・。

掃除も片付けも苦手で、極力やりたくないという方はいらっしゃいませんか?

実は私は極力家事をやりたくないのです!

特に苦手な掃除をしない為にお片付けをしてキレイな部屋をキープさせようとしています。

掃除や片付けが苦手な方でもキレイな部屋をキープするコツをお伝えします。

掃除したくないから片付ける!

私が1番嫌いな家事は掃除です!!

極力やりたくない・・・。

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で主人公:みくり(新垣結衣さん)が家事代行として

平匡さん(星野源さん)宅で掃除をはじめとした家事に励んでいましたし、

家事代行のサービスも増え、実際に仕事としている方も多くいらっしゃいます。

出来る事なら家事が全般やりたくない私には本当に尊敬でしかありません!

(料理やお菓子作りは大好きですが、その後が苦手です^^;)

ですが汚い状態も大っ嫌いなんです。

なので、キレイな状態をいかにキープするか

心がけているポイントをお伝えします。

スポンサードリンク



掃除や片付けが苦手でもキレイな部屋をキープする3つのお片付けのコツ 1.使っていないモノはキッパリ捨てる

大きいモノでも、小さいモノでもモノの量が多いと

乱雑に見えて、散らかる原因にもなります。

片付けるにも手間ですし、掃除するにも邪魔になりストレスになります。

コンビニ、スーパー、100均と、いろんなものが手軽に手に入る時代です。

↑大好きな100均 セリアの収納BOX

収納スペースよりモノの量が多ければ、

もちろん収納スペースからあふれ出てしまい、

キレイなお部屋の状態をキープするのは難しくなります。

「じゃぁ収納家具を置けばいい」と思う方もいるかもしれませんが、

収納を増やしていったら、今度は収納家具が増えていくだけで

部屋が狭く圧迫されてしまいますよね。

収納スペースを増やすのは限界があります。

モノは私たちの生活を便利に、豊かにしてくれるためのものですので、

使ってこそ価値があるといえます。

使っていないモノをいつまでもとって置くことが、

モノを大切にしているという事ではないのです。

家のクローゼットや押入れに何年も使っていないモノを押し込めてはいませんか?

自分にとって必要な、使っているモノは

「いつ使うか?」が明確になっています。

例え、年に1回の使用でも使う時が決まっていて、

顔を出してくれるものは使っているモノになります。

ひな人形や兜も年1回の登場ですが

使っているものに分けられます。

使っていないモノは、勇気を出して手放していきましょう。

もったいないと思った時の処分方法

勇気を出してポイッと捨てたいところですが、

中にはもったいないと躊躇してしますこともありますよね。

そんな時は、リサイクルショップ、フリマ、フリマアプリ、オークション等

自分以外の誰かが使ってくれる場に出しましょう。

自分にとっては使っていないモノでも

誰かが欲しいと思うモノかもしれませんし、

誰かが使ってくれるなら・・・と不思議と手放しやすくなります。

リサイクルショップへは持っていくだけで

買い取ってくれるので手軽です。

フリマアプリやオークションでは、

リサイクルショップより高く売れる可能性がありますが、

購入希望者とのやり取りや梱包や発送の手間がかかります。

出品してもなかなか売れない場合もありますので、

1ヶ月で売れなかったら捨てる等

自分でルールを決める事も大切です。

なかなか売れないと、私にとってはもったいないと思うモノだったとしても、

周りからは価値の低いモノだったんだな・・・と

冷静になり、梱包や発送がめんどくさく感じて、

結局捨ててしまうことがあります^^;

スポンサードリンク



掃除や片付けが苦手でもキレイな部屋をキープする3つのお片付けのコツ 2.セール買いは銭失い

ワゴンセールに決算セールにタイムセールに季節の変わり目のセールと

世の中セールで溢れています。

セール=いつもより安い=お得!

と瞬時に認識するほど私たちの頭はセールに洗脳されています 笑

食料品のストックや洋服は特に

使うか使わないかわからないけど、ついつい買ってしまうものといえます。

モノは多ければ多いほど場所をとるし、管理が大変だし、

掃除の邪魔になるしとデメリットが多くなります。

セールの中に、すでに何か月も検討して必要と判断していたモノが

入っていたらそりゃラッキーですが、

それ以外のモノは「セール=安い 今買わなきゃ損!」などの

「思い込み」や「安さ」につられて購入してしまっただけで必要なものではないのです。

まんまとお店の戦略にのってしまったという事ですね。

お部屋に置くインテリア、収納用品、お洋服に、靴・・・

自分の身の回りに置くモノは気に入ったもの、本当に必要なモノだけにしていきましょう。

スポンサードリンク



掃除や片付けが苦手でもキレイな部屋をキープする3つのお片付けのコツ 3.定位置を決める

私たちが住んでる家には住所があります。

世の中たくさん飛び交っている、メールにも住所(メールアドレス)があります。

ちゃんと行先が決まっているので、きちんとその場所に行きます。

どんなに酔っぱらって、記憶がないほど飲んでいても、

どうやって帰ってきたか、さっぱりわからないけど不思議と家に着いていた

なんて話もありますよね。

(私はお酒強い方という事もあり、記憶がなくなるまでお酒を飲んだことがないので

未体験の領域です。そんな体験がちょっと羨ましい・・・^^;)

私たちにとって、家は帰ってくる場所であり、定位置ともいえますね。

モノにも家=定位置を決めることで、

「使っていたモノを定位置にもどす」を繰り返すことができます。

だんだんと定位置にモノがないと、落ち着かなくなってきたり、

使おうとしたモノが定位置になくて、

すぐ使えないとイライラとストレスを感じるようになります。

床にモノを置く癖がついている人は要注意です!

床にモノを置いてしまうと、すぐに部屋が散らかってしまうのです。

モノを1つ置くことを許してしまうと、

そこからどんどん床に置く量が増えていき広がっていきます。

床が見える面積が少ないと、途端に散らかって見えてしまうのです。

床置きをすると掃除するときにも手間が増えて邪魔になります。

床置きしないように定位置を決めて戻すことが大切です。

掃除や片付けが苦手でもキレイな部屋をキープする3つのお片付けのコツ まとめ

掃除嫌いの私が実践しているキレイな部屋をキープする3つのコツをお伝えしました。

1.使っていないモノはキッパリ捨てる→モノを減らす

2.セール買いの銭失い→不用意にモノを増やさない

3.定位置を決める→許容量以上持たない、散らかさない

を心がけることで、お部屋がキレイな状態を少しでも長く維持していくことができ、

掃除の回数を減らし、掃除するときに手軽に出来るように工夫しています。

嫌いな事や苦手な事は極力やりたくないですよね^^;

いかにして、楽ちんに終わらせるか、私の挑戦はまだまだ続きます^^♪

スポンサーリンク