整理整頓が苦手な子供が片付け上手になるシンプルな法則

ランドセルの中はいつもグチャグチャ、

授業参観で子供の机を見ると手紙やプリントが奥に溜まってひどいありさま、

散らかすだけ散らかしてそのまま放置など

整理整頓も片付けも掃除もどうしたら出来るようになるのか?

と悩みに悩んでいた息子くんが劇的にかわったシンプルな方法をお伝えします。

片付けや整理整頓ができない3つの理由とは?

保育園の頃は自分のおもちゃをおもちゃ箱に入れたり、

洋服だんすにしまったりしていた息子君。

しかし、学校に入って学年が上がるにつれて

管理するモノの量が増えてきて段々とお片付けが疎かになってきました。

このように生活環境の変化で

片付け出来た子が出来なくなったり、

逆に片付けられるようになったりします。

そもそも、子供が片付けができない原因は

・軽度の発達障害

・やり方がわからない

・価値観(親の影響)

の3つです。

スポンサードリンク



軽度の発達障害

例えば、普段から落ち着きがなかったり、

こだわりが強かったり、忘れ物が多かったり・・・

ADHDアスペルガーなど発達障害の特徴に

片付けや整理整頓が苦手な事があります。

発達障害は脳の個性ともいえるので、

特徴にあった教え方をしていけば片付けが出来るようになっていきます。

やり方がわからない

私たちが子供の時も、産まれてきた子供も

はじめは何も知らないし、何もできませんよね。

親をはじめとした、まわりの大人が一つずつ教えていくことで、

出来ることが増えていきます。

片付けや整理整頓もそうです。

はじめから何でもできる人はいません。

親が少しづつ教えていくことで出来るようになるのです。

価値観(親の影響)

子供の価値観とは何でしょうか?

これは親のしつけや親の生活から子供が感じ取ったことといえます。

例えば、自宅が汚かったり、散らかっている場合

「部屋が散らかっていた方が落ちつく」とか

「整理整頓なんて必要ない」と感じることがあるでしょう。

また、親が自宅をキレイにしている姿を見て、

「部屋もキレイにしておくものだ」と感じたり、

逆に「親が片付けてくれるもの(だから自分は片付けなくていい)」

と感じたり、価値観が形成されます。

ここで重要なのは、親の1つの行動から

何を感じ取り、価値観を形成するのかは子供によって違うという事です。

なので、ささいな事でも、親子のコミュニケーション(対話)

の時間を持ち考え方の共有をしていきましょう。

スポンサードリンク



3つの片付けできない原因の解決方法は?

先ほどの3つの理由のうち、どのタイプに当てはまりましたか?

1つずつ解決方法を見ていきましょう。

片付け出来ない原因の解決方法  軽度の発達障害

発達障害脳の個性ともいえます。

なので、この個性や考え方の癖をみることが必要です。

ADHDアスペルガーなど発達障害の種類や程度にもよりますし、

同じ発達障害でも1人1人の症状の出方が違います。

病院で診断を受けるのも1つですが、

市や区で発達障害の傾向が強いが、診断を受ける程ではないグレーゾーンの

お子さんを学習面や生活面でサポートしてくれる取組みがある自治体もあります。

そちらで、子供の傾向を一緒に見ていただき、

おもな生活の場である家と学校で連携をとってフォローしていくのもいいでしょう。

うちの息子くんはグレーゾーンです。

学校の先生は1人でクラス40人を見なければなりません。

そうすると、生徒1人1人に合わせるのは難しいのも当然です。

学校の支援員さんや市の支援員さんのフォローもあり

楽しく学校生活がおくれています。

発達障害=片付けできない

わけではありません。

発達障害ではない子と比べると、

理解したり、覚えたりするスピードはゆっくりですが、

きちんと特性に合わせて教えていけば出来るようになります。

片付け出来ない原因の解決方法  やり方がわからない

片付けのやり方がわからない場合の解決は方法は

いたってシンプルです。

まずは親が見本をみせてあげましょう。

はじめのうちは親が手本を見せて、

一緒にやっていくと、少しづつ理解し出来るようになっていきます。

私は今でこそ片付けや整理収納や整理整頓を学び片付けられるようになりましたが、

もともとは片付けられない人でした^^;

考えてみれば、母は専業主婦で

私が学校行ってる間に掃除は終わっています。

土日は掃除機かけてるくらいしか記憶がありません・・・

そう!私は「片付け」や「掃除」が身近になかったのです。

山盛り散らかって汚部屋になれば

片付けしてくれたのは親や当時の彼氏さん^^;

片付けに向き合わないまま大人になり、

見事に片付けられない人になりました・・・

はじめから何も知らずにできる人なんていません。

根気よく一緒に片付けていくことで身についていきますよ。

スポンサードリンク



片付け出来ない原因の解決方法  価値観(親の影響)

価値観はすぐに変わるものではありません。

今まで子供が生きてきた中で感じ、学び取って出来たものです。

例えば、「片付けは必要ない」と思っている場合

いくら片付けろ!と口酸っぱくいっても子供は動きません。

動いたとしても、親が怖くて・・・とか

親がうるさいから・・・とか

しかたなく手を付けただけで、本当に片付けたいと思っているわけではありません^^;

価値観=メリット

ともいえます。

「片付ける」よりも「片付けをしない」ことの方が

メリットがあるから片付けないのです。

「片付けなんか必要ない!」

片付けなかったら誰かか片付けてくれる

片付けなければ、周りの大人(彼氏)に気にかけてもらえる、

誰かに甘えられる・・・

今になってみれば、

以前の片付けられない私には

こんなメリットがあったんじゃないかな?

 なんて思います^^;

うわー、なんと恥ずかしいこと 笑

 

親になって思う事は

全てを親がやってあげるのではなく、

どうしたら、子供が出来るようになるかを考える事が大事ということです。

子供の価値観はすぐに変わるものではありません。

無理やりやらせて、親の価値観を押し付けるのではなく、

子供の価値観を導いていけるように根気強く接していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク